スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットサーフィン危険ドメイン―McAfeeが「危険度マップ」を発表

■ネットサーフィンで最も危険なドメインはルーマニアの「.ro」、安全なのは米政府機関の「.gov」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000027-zdn_n-sci

米McAfeeが3月12日、Webサイトの危険度をトップレベルドメイン別にまとめた調査報告を発表した。265のトップレベルドメインを対象に、McAfeeのWebサイト分析ツール「SiteAdvisor」を使用してサイトの危険性をテストした。トップレベルドメインにより、危険性に大きな差があることが判明したという。

SiteAdvisorは、Webサイトの危険性を3段階で評価。アドウェアやスパイウェア、ウイルスなどの危険性のあるサイトを「赤」、安全と思われるサイトを「緑」、危険性は低いものの、過度にポップアップを表示したりするサイトを「黄」と評価する。

報告によると、国別のトップレベルドメインのうち、最も危険度が高いのはルーマニア(.ro)で、危険なサイトの比率が5.6%に上った。2位はロシア(.ru、危険なサイト比率4.5%)。一方、安全なのはフィンランド(.fi、同0.10%)。以下、アイルランド(.ie、同0.11%)、ノルウェー(.no、同0.16%)、アイスランド(.is、同0.19%)、スウェーデン(.se、同0.21%)と続いており、北欧の国々が多くランクインしている。

汎用トップレベルドメインでは、最も危険なのは.infoで、危険なサイトの比率は7.5%。安全なのは、米国政府機関の.govだった。.comは、危険なサイトの比率では汎用ドメインで2位(同5.5%)、トップレベルドメイン全体では5位だが、利用度が高いために実数としての影響は大きい。危険度「赤」もしくは「黄」サイトのクリック数のうち、86.6%を.comドメイン下のサイトが占めた。

また、日本(.jp)は国別ドメインでの「危険度ランキング」57位で、比較的安全なドメインとされているが、「赤」もしくは「黄」と評価されたサイトに対するクリック数は毎月160万件にも上っているという。



「検索エンジンが自分を守ってくれると思ってはいけない」とMcAfee……。
成人向けサイトの危険度は、2倍に達するそうですし。
しかし~、McAfeeのソフトって、めちゃくちゃ高くないですか?(^^;)




・あなたの応援クリックがエネルギーです!
→人気blogランキングへ
→FC2 Blog Rankingへ

読者数UP!報酬GET!メルマガ有効活用「メンバープラス」

国内最大規模の比較プログラム ポータルナビ

【楽天ブックス】で売れてる写真集はこれだ!

→トップページに戻る 

コメントの投稿

Secre

かずぴ~さん、
おはようございます♪

やっと、コメント欄が開けるようになりました(^^;)
いまのデスクトップには、マカフィーがついていたんですけれど、更新時期にうるさいのなんの(笑)。

ソースネクストのウイルスセキュリティを使っています。いまのところ、大丈夫です。

いつも、コメント&応援、ありがとうございます!

へぇ~
ちょっと、意外でした
ルーマニアなんですねぇ
アメリカかと思ってましたもん。
危険度が高いぶんセキュリティがしっかりしてるってことなのかな?!
ちなみに、ワタクシ マカフィー 使ってます。
メール関係のセキュリティがちとウザイ感じを受けますね~
カットしてると、なんかかなり危険です!!
みたいなメッセージ出してくるし・・・

やっぱ、ノートンの方が使いやすいかなぁ

ぽちw
プロフィール
紫(むらさき)
本業の傍らブログアフィリエイトをしています。 ようやく30万以上は稼げるようになってきました。 私は、特別なツールやその場しのぎのアフィリはしません。 寿命の長い方法を選び、堅実に実践しています。
カテゴリ
PR

ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート








リンク
Information

My Yahoo!に追加

相互リンクドクター!アクセスアップ

ショッピングカート開発SEO対策付ショッピングカート 携帯ショッピングカート



FC2 Blog Ranking

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策

RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。